中小企業の元気を応援します 愛知県中小企業団体中央会

文字サイズ

県内中小企業景況天気図

県内中小企業景況天気図 2017年度

2017年12月分~コスト高による収益圧迫

前年同月との比較

《凡例》

好転

+30≦DI

好転

やや好転

+10≦DI<+30

やや好転

変わらず

-10<DI<+10

変わらず

やや悪化

-30<DI≦-10

やや悪化

悪化

DI≦-30

悪化

売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 操業度 雇用人員 景況
製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 変わらず 変わらず 変わらず
非製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 変わらず

景況の推移グラフ

業界レポート

《製造業》

【化学・ゴム】

県下の上場企業はおしなべて好調な実績を計上しているが、中小企業においては格差が大きくなっている。原油価格は上昇傾向であるが、原価アップを転嫁できない状況にあり、収益率の低下が懸念される。

【窯業・土石製品】

屋根材業界の業界新聞を見ても、粘土瓦の比率は減少しており、金属等の軽量屋根材の比率が高くなっている。また、油・ガスの価格が上昇しており、経営を圧迫する恐れがある。

【鉄鋼・金属】

受注、売上高ともに増加した組合員もあるが、人員不足で対応しきれていない組合員も多い。仕入価格が上昇し始めており、価格転嫁出来なければ収益悪化の懸念もある。

《非製造業》

【卸売業】

10月の台風、長雨、そして11、12月にかけての低温と降水量不足により、野菜は多くの品目で入荷量が減少。卸売価格も平年を上回り、店頭小売価格も高く、台所に影響している。

【商店街】

メロンパン専門店など新しい販売形式の店舗が出店し、来場者の増加に期待が出来るものの、一方では廃業するところもあり、依然として商店街を取り巻く環境は厳しい状況である。

中央会内部団体

  • 愛知実業協会
  • 愛知県中小企業青年中央会
  • あいち女性中央会