中小企業の元気を応援します 愛知県中小企業団体中央会

文字サイズ

県内中小企業景況天気図

県内中小企業景況天気図 2017年度

2017年10月分~台風による収益圧迫

前年同月との比較

《凡例》

好転

+30≦DI

好転

やや好転

+10≦DI<+30

やや好転

変わらず

-10<DI<+10

変わらず

やや悪化

-30<DI≦-10

やや悪化

悪化

DI≦-30

悪化

売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 操業度 雇用人員 景況
製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化
非製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 変わらず 変わらず 変わらず

景況の推移グラフ

業界レポート

《製造業》

【窯業・土石製品】

10月が終了。全体で前年比91.3%、5地区のうち東三河地区のみが前年超えとなった。残り4地区は前年割れ。特に数量の多い名古屋地区は、前年10%ダウンとなり全体の足を引っ張っている。工事量の減少と台風等、天候不順の影響が大きい。

【一般機器】

ものづくり業界でも、無資格検査やデータ改竄等の不祥事が続いている。中でも鉄素材そのものを扱うメーカーが末端までに与える影響はあまりに大きい。今のところ仕事に直接の影響はないが、国際協争力の根源であると考えていただけに落胆している。

《非製造業》

【卸売業】

主要野菜のうち台風21号の影響で収穫が大幅に減少した品目については、入荷が厳しく卸売価格も高騰した。価格の高騰もさることながら、品不足により消費者のニーズに対応出来ないことが組合員の苦慮するところである。

【小売業】

10月は天候不順のため、客足が悪く、売上減少となった。店頭小売業態のため、非常に厳しい月となった。

【商店街】

10月は長雨・台風と天候不順で秋の祭礼などイベントに人は出ず、あてが外れた。店舗も足が遠のき天候に泣かされた月だった。

中央会内部団体

  • 愛知実業協会
  • 愛知県中小企業青年中央会
  • あいち女性中央会