愛知実業協会


戻る

県内中小企業景況天気図
2015年3月分〜未だ明るさは見出せず

概況

《全国》
 内閣府が4月8日に発表した3月の景気ウォッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数は前月比2.1ポイント上昇の52.2ポイントとなった。物価上昇への懸念等がみられるものの、賃上げへの期待や外国人観光需要への期待等から、総合すると、「景気は、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、物価上昇への懸念等がみられるものの、賃上げへの期待や外国人観光需要への期待等がみられる」とまとめられる。
《愛知県》
 こうした中で行われた本会の調査では、製造業の売上高は7.9ポイント、在庫数量は2.0ポイント、販売価格は11.8ポイント、取引条件は11.8ポイント、収益状況は7.8ポイント、資金繰りは3.9ポイント、設備操業度は5.9ポイント、雇用人員は3.9ポイント悪化した。景況感は不変だった。
 また、非製造業の売上高は4.9ポイント、取引条件は3.3ポイント、収益状況は3.3ポイント、資金繰りは1.6ポイント、雇用人員は3.3ポイント、景況感は11.5ポイント増加した。しかし、在庫数量は4.9ポイント悪化した。販売価格は不変だった。
 年度末の受注向上による増収の声も一部にあるが、全体として円安・コスト高による厳しい経営環境に変わりなく、また内需が低迷する中で価格転嫁も遅々として進んでおらず、未だ明るい景況感は見出しにくい状況にある。

前年同月との比較

《凡例》
好転
+30≦DI
好転
やや好転
+10≦DI<+30
やや好転
変わらず
-10<DI<+10
変わらず
やや悪化
-30<DI≦-10
やや悪化
悪化
DI≦-30
悪化

  売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 操業度 雇用人員 景況
製造業 やや悪化 変わらず 変わらず やや悪化 やや悪化 やや悪化 やや悪化 変わらず やや悪化
非製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 やや悪化 変わらず やや悪化
《売上高D.I.》
 全産業では前年同月に比べ△9.8ポイント(△8.9)となった。産業別にみると、製造業では△11.8ポイント(△3.9)となり、非製造業では△8.2ポイント(△13.1)となった。うち、業種別にみると、プラスポイントでは、鉄鋼・金属33.3ポイント、食料品25.0ポイント、商店街14.3ポイントが目立った。マイナスポイントでは、木材・木製品、紙・紙加工品、出版・印刷、化学・ゴム、小売業、その他非製造業△50.0ポイント、窯業・土石製品△40.0ポイント、繊維工業△25.0ポイントが目立った。
《収益状況D.I.》
 全産業では前年同月に比べ△26.8ポイント(△25.0)となった。産業別にみると、製造業では△29.4ポイント(△21.6)となり、非製造業では△24.6ポイント(△27.9)となった。うち、業種別にみると、プラスポイントは該当なし。マイナスポイントでは、紙・紙加工品、出版・印刷△100.0ポイント、窯業・土石製品、その他製造業△60.0ポイント、小売業△58.3ポイントが目立った。
《業界の景況D.I.》
 全産業では前年同月に比べ△16.1ポイント(△22.3)となった。産業別にみると、製造業では△19.6ポイント(△19.6)となり、非製造業では△13.1ポイント(△24.6)となった。うち、業種別にみると、プラスポイントは、鉄鋼・金属44.4ポイント、運輸業25.0ポイントが目立った。マイナスポイントでは、木材・木製品、紙・紙加工品△100.0ポイント、その他製造業△60.0ポイント、食料品△50.0ポイントが目立った。

※ ( )は、先月の前年同月比のD.I.値


景況の推移グラフ

業界レポート

《製造業》

【愛知県印刷(工)】
 印刷業界の全国団体を通して、製紙メーカー、代理店に対し価格修正の要望書を提出しているところであるが、用紙値上げに伴う収益の圧迫は依然として厳しい状況。
【豊橋工業団地(協)】
 自動車関連企業は受注良好。ただし金属切削、金属プレス加工とも長期的には受注量が減少。鋳鉄鋳物業は同業者の減少により受注増が見られる。
【東海配電盤工業(協)】
 省エネ設備導入補助金に関心のある会員が増えており、設備投資にも意欲が高まってきた。

《非製造業》

【愛知文紙事務器卸(協)】
 商品の需要期を迎え、動きは活発であった。昨年と比較して販売量は増加している。このまま上昇する事を願いたい。
【愛知県ビルメンテナンス(協)】
 官公庁の競争入札で最低価格が設定されていない場合、落札金額が毎年下がり続け、業者が疲弊している。
【愛知中央トラック事業(協)】
 前年同月は消費税率改定の駆け込み需要があり多忙であったが、今期は例年並みの決算期の需要であった。ドライバー不足の影響もあり、やや忙しくはあったものの、売上的には大きな増加は見込めない模様。

戻る