インターネットで貸借対照表を公開しませんか?

インターネットによる
中小企業の貸借対照表公開は
所属組合を通じて
中央会がお手伝いいたします


 会社法では、株式会社に「賃貸対照表又はその要旨」を「官報」または「日刊新聞紙」で「公告」することを義務付けており、これを怠ると 100万円以下の過料が課せられます。この「公告」に代えてホームページでの貸借対照表公開が認められており、安価(1社当たり年間1万円(税込み))かつ簡便な公告方法として注目されています。(小会社の官報公告は最低 59,126円かかります)

 公開はどのサイトでも良いとされており、自社のホームページで公開すれば、初めに法務局に申請するアドレスの登記料以外は全く無料です。ただし最低5年間の継続公開義務があり、データ改ざんや不正アクセスなどの恐れを考えると、信頼のあるサイトに掲載を委託するのがベターです。

 中央会は、全国数百万の中小企業が所属する業界や地域の組合を束ねている立場から、この貸借対照表公開の安価で安全なサービスを提供しています。

 申し込みの手順や公開までの流れは、全国中央会ホームページ(http://www.chuokai.or.jp/info/disclose.html)をご覧ください。


登記 関係法令


お問い合わせ先